FC2ブログ

おしらせ

いつもichieのブログを読んで頂きありがとうございます
日々のこと、イベント・キャンペーンのこと、お客様のBefore-After写真など
キレイとであうichieをよろしくお願いいたします

キレイとであうichie ホームページ http://kireitodeau-ichie.com/


◎  驚きの変化!!施術前後の写真をチェック!


検索フォーム
プロフィール

hiroko

Author:hiroko


『美容矯正』に興味を持ち、県外の先生の下で勉強。
富山県ではまだ聞きなれない美容矯正の技術を皆様に知って頂けたら嬉しいです。

ほうじ茶

最近ほうじ茶にはまっておりまして、時間が空けば熱いほうじ茶をすすっております

かなり飲むので、こんなに飲んでも大丈夫なのか?とちょっと気になったのでほうじ茶の作用について調べてみました。


◆ほうじ茶に数多く含まれる有益成分の中で特に大きく貢献しているのはカテキン。
カテキンは非常に多彩な生理活性があるとされており、高血圧の抑制、血中コレステロールの調節、血糖値の調節などの作用があるため、高血圧、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病に対する効果が期待できる。

◆ほうじ茶にはタンニンが豊富に含まれており、このタンニンには放射能を排出する作用がある。また、ビタミンCなども豊富に含まれ、こちらは免疫力を高める作用がある。

◆ほうじ茶には美容に良いとされるビタミンCや歯の健康を保つフッ素、身体には欠かせないミネラル、リラックス効果のあるテアニン、カテキンと連携して血糖値を下げる多糖類なども含まれている。
特にビタミンCは、ストレスを受けた時や風邪などの時に必要とされ、予防にも役立つ。

◆ほうじ茶の意外な効能としては、体臭の予防も挙げることができる。
ほうじ茶を含め、緑茶は日常で一番身近で強力な消臭剤。飲むことはもちろん、飲み終わった後の茶殻を利用することで、臭い成分が緑茶のポリフェノールやフラボノイドと化学反応を起こし、分子レベルで中和される他、カテキンの抗菌作用で雑菌による悪臭も防ぐことができる。

◆気になるカフェインですが・・・
ほうじ茶は煎茶や番茶などの他の緑茶をさらに200度で炒って作られたお茶で、この高温処理の過程で茶葉に含まれるカフェインが、ある程度昇華されている。
そのため、緑茶の中でもカフェインの少ない特徴を持つのがほうじ茶で、緑茶の高カフェインに抵抗がある方でも、ほうじ茶であれば気軽に緑茶の効能を生活に取り入れることができる。
カフェインには、疲労回復や利尿作用があることが有名。



何気なく飲んでいるほうじ茶ですが色々な作用があるみたい
気になる効果があったら試してみるといいですね